ヘチ釣り

更新日: 2016年3月30日

防波堤の岸壁についた魚を狙う釣り方。
仕掛けは針とガン玉があればいいという実にシンプルなもの。主にクロダイ・チヌを狙う釣り方として人気があります。

釣れる魚

クロダイ・チヌ・カイズ

必要なもの・タックル

竿

ヘチ竿2.1~2.7m

リール

タイコリール

道糸

ナイロン2~3号

仕掛け

サルカン

ガン玉B~5B

ハリス…フロロ1.5~2号

針…チヌ2~4号

エサ

アオイソメ、カニ、イガイなど。

イソメ系のエサは他の魚(メバル、スズキなど)もよく釣れてしまうので、外道が多い場合はカニやイガイを使うとよいでしょう。

ポイント

堤防などの岸壁。

クロダイはヘチ際にイガイがついている所が狙い目。

時間帯

日中、朝夕マズメ。

釣り方

エサをヘチ際にゆっくりと落とし込み、5~10秒ほど数えてアタリがなければ竿先をゆっくりとあげて2~3歩移動し、また落とし込んでいきます。この動作を繰り返してヘチ際を探っていきます。

タナは基本的には底~中層狙いで、アタリがなければタナを変えてどんどん探っていきましょう。

アタリの出方は、手元にコツコツと感じたりググンと重たくなったりと様々です。アタリのようなものを感じたら、竿をスーッとゆっくりと持ち上げてみましょう(聞きアワセ)。

関連情報

ヘチ釣りで釣れる魚

ヘチ釣りタックルを揃えるのに役立つ情報

  • カテゴリー: エサ釣り
  • 投稿日: 2015年07月27日

ページトップへ戻る