ルアー釣り(ボラ)

[更新日: 2016年3月30日]

ルアー釣りでのシーズンは春。春はバチ抜けと呼ばれるゴカイ類の産卵シーズンで、この時期のボラは表層を泳いでいるゴカイ類を捕食しているので、ルアーへの反応が良いからです。

必要なもの・タックル

ロッド

L(ライト)クラスのシーバスロッド、長さ7~8ft

リール

スピニングリール。シマノ2000~3000番、ダイワ2000~2500番。

ライン

ナイロン2号

またはPE0.8号+リーダー3号、長さ30cm

ルアー

ペンシルベイト7~9cm

ポイント

汽水域となる河口、河川、運河、温排水。

バチ抜けが起きているポイント。

時間帯

夜間。

釣り方

ルアーの動かし方は超スローのタダ巻きが基本。ルアーの大きさや動きを海中を泳ぎ回っているバチと同じようにするのがポイント。

水面にバチが泳いでいたり魚の気配があれば、フローティングタイプを使って水面に引き波を立てるようにゆっくりと引いて動かします。

反応が見られない場合は、シンキングタイプを使って表層以下のタナを探っていきます。

関連情報

ボラ釣りタックルを揃えるのに役立つ情報

ルアー関連