海釣りスタートガイド TOP  >  釣り方  >  ルアーフィッシング  >  ルアー釣り(根魚・ロックフィッシュ)

ルアー釣り(根魚・ロックフィッシュ)

更新日: 2016年3月30日

ソフトルアーで狙う根魚釣り(ロックフィッシュ)について。

釣れる魚

カサゴ、ソイ、アイナメなど。

必要なもの・タックル

ロッド

ライトゲーム用ルアーロッド。長さ7ft前後。

リール

スピニングリール。シマノ1000~2000番、ダイワ1500~2000番。

ライン

ナイロンかフロロカーボン2号

またはPE0.8~1号+リーダー3号、長さ1m

ソフトルアー

クロー系、シャッド系、カーリーテール系など。2~3インチ。

リグ

ジグヘッドリグ…ジグヘッド3~5g

テキサスリグ…バレットシンカー5~10g+オフセットフック

ポイント

防波堤、ゴロタ浜、磯場。

防波堤のヘチ際、ケーソンの継ぎ目、消波ブロック・テトラポッドの隙間、捨て石周り。

時間帯

日中。

釣り方

根魚の釣り方は、根魚が潜んでいる障害物の隙間など足下にあるポイントを探っていく方法と、遠くにキャストして沖の捨て石や根まわりを探っていく方法があります。

手前のポイントを探る場合は、仕掛けをすきまに落とし込んだあとロッドを軽く上下させて誘いをかけます。

大きめの石や岩が海底がゴロゴロしているポイントは、ひざ下ぐらいの水深でも根魚が潜んでいる可能性があるので、くまなく探っていきましょう。

沖のポイントを探る場合は、ルアーをキャストし底まで落としたら、リフト&フォールで底を探っていくのが基本。まずルアーを少し浮かせるようにロッドを軽くあおり、その後ラインを張ったままルアーを底まで落とします。この動作を繰り返して探っていきます。

根魚がいるポイントは根掛かりしやすいことが多いので、テキサスリグを使って探っていくとよいでしょう。

アタリがあったら一呼吸置いてからロッドを大きくあおってアワセを入れます。その後、魚に根に潜られないように多少強引に巻き寄せるようにしましょう。

根がかりしやすい釣りなので、状況に応じてラインをもっと太くしたり、フックを軸が細めのものに変えたりするとよいでしょう。

関連情報

根魚タックルを揃えるのに役立つ情報

ルアー釣り(根魚・ロックフィッシュ)で釣れる魚

ルアー関連