海釣りスタートガイド TOP  >  釣魚  >  ソウダガツオ

ソウダガツオ

更新日: 2016年2月22日

和名…ソウダガツオ(宗太鰹)

分類…スズキ目サバ科ソウダガツオ属

特徴

ソウダガツオはマルソウダやヒラソウダを指す名前です。名前のとおりカツオの近縁種で、大きさは30~40cm程度。

外見は円筒形の丸っこい体型で、体色はサバに似ています。

世界中の温かい海域に分布する回遊魚で、日本では各地の沖合から沿岸域にかけて群れで回遊しています。

肉食性で、イワシなどの小魚を主食にしています。

釣り方

ソウダガツオの釣り方は、ルアー(ショアジギング)、カゴ釣りなど。

シーズンは陸っぱりでは夏~秋にかけて。船では通年釣れます。

釣り人の間では青物として知られ、強烈なファイトが魅力。

食べ方

赤身の魚で、カツオに似た味。ソウダガツオの食べ方は、刺身、たたき、煮付けなど。

注意点

血合いが多く傷みやすいため、持ち帰って食べる場合は釣れたらすぐに血抜きをしてクーラーボックスで冷蔵して鮮度を保つ必要があります。

釣り上げたソウダガツオを常温で保管したり長時間経ったものは、ヒスタミンによる食中毒を起こす恐れがあります。サバなどと同様に死んでから時間が経つと身に多くのヒスタミンが生成されるためです。また、ヒスタミンは加熱しても無毒化されないので注意。

ヒスタミン – Wikipedia

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2015年08月28日