ギマ

更新日: 2017年7月20日

特徴

和名 ギマ(銀馬)
分類 フグ目ギマ科ギマ属
呼び名 トゲハギ、ギンカワムキ

ギマはフグの仲間で、外見はカワハギに似ています。体色は銀灰色、胸ビレと尾ビレは黄色。背ビレと腹ビレは鋭いトゲになっているのが特徴。体表の粘液が多い。大きさは20cm程度。

本州の中部以南、暖かい海域の沿岸域に分布し、湾内の浅場・底層に生息。

釣り方

シロギスやハゼ釣り、投げ釣りなどの外道として釣れることがあります。

食べ方

身は淡泊な白身で、おいしいとされる。

料理は、刺身、煮付け、など。

ギマの皮は固くヌルヌルしているので、さばくときは皮を剥ぐ必要あり。

注意点

背ビレに1つ、腹ビレに2つ、鋭くて硬いトゲがあるので刺さらないように注意。毒はありません。

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2015年08月28日