シマイサキ

更新日: 2016年2月22日

和名…シマイサキ(縞鶏魚、縞伊佐木)

分類…スズキ目シマイサキ科シマイサキ属

特徴

黒い縞模様が印象的な魚。大きさは20~30cmほど。

釣り上げると「グーグー」と鳴く。この音は浮き袋から出しています。

コトヒキとよく似ていて間違えられることが多い魚。見分け方としては、コトヒキと比べて「口が突き出ていて尖ってる」「縞模様がまっすぐ」「背びれの真ん中あたりが大きくへこんでいない」で判別できます。

生息域は、本州の中部以南。主に内湾や河口の汽水域で多く見かけます。

食性は、イソメ類や小さな甲殻類など。

釣り方

ヘチ釣り(探り釣り)や投げ釣りの外道でかかることがあります。

食べ方

シマイサキの食べ方は、塩焼き、唐揚げ、煮付けなど。

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2016年02月22日