海釣りスタートガイド TOP  >  釣具  >  リール  >  リールにラインを巻く(吸盤タイプのラインワインダーを使う場合)

リールにラインを巻く(吸盤タイプのラインワインダーを使う場合)

更新日: 2017年3月9日

ラインワインダーと呼ばれる道具があれば、手軽にリールにラインを巻くことができます。

ここでは、吸盤(吸着カップ)で固定・設置するタイプのラインワインダーについて紹介します。

必要なもの

  1. リール
  2. ライン
  3. ラインワインダー
  4. カッターかハサミ
  5. フリーラベル(ラベルシール)
  6. ボールペン

手順

1. ラインワインダーを設置する

吸盤がしっかりくっつく平らな場所に設置します。

2. ボビンをセットする

あらかじめ、ボビンに貼られているシールの中心部に×の切り込みを入れるとスムーズにセットできます。

3. ラインをリールのスプールに結ぶ

管理人の場合は、8の字結びでチチワを作って取り付けています。

4. リールのハンドルを回してラインを巻く


写真のものはボビンの両側からバネで押さえつけていて、ボビンを回すのに抵抗がかかるようになっています。そのため常にラインを張ったままの状態で巻くことができます。

巻き終わったら、日付・号数(lb)・長さをメモしたラベルを、リールのスプール内側に貼っておきます。

備考

ラインワインダーを使うことによるメリットとしては以下のとおり。

  • 吸盤で取り付けられる場所さえあればリールにラインを巻くことができる。
  • 一人で作業できる。
  • 比較的安価で買える。Amazonや楽天などで探せば1,000円以下で販売されている。

平らな場所さえあれば部屋の中だけでなく外でも作業できます。バッグの中にしまってもかさばらない大きさなので、持ち運んでも苦になることはありません。

なお、注意点として写真のものだとセットできるボビンに制限があります。ボビンの高さ(幅)があまり大きいものだとセットできません。100m~200m巻きのボビンはセット可能。300mとか600m巻きのボビンだと厳しい(ギリギリセットできるかどうか)ので注意。

ページトップへ戻る