アイナメ

更新日: 2016年2月22日

和名…アイナメ(鮎魚女)

分類…カサゴ目アイナメ科アイナメ属

特徴

大きさは30cmほどが一般的で、大型になると40~50cmを超える魚。北海道ではアブラコ、関西・九州ではアブラメと呼ばれています。

体色は茶褐色または黄褐色など、環境によって様々。うろこが小さく、側線が5本(体側、背びれ・腹びれ・尻びれの根元)あるのが特徴。

日本各地に分布し、岩礁帯やテトラポッド、捨て石まわりなどの物陰に生息しています。

肉食性で、小魚、甲殻類、ゴカイ類などを食べます。

釣り方

シーズンは晩秋から冬にかけて。

食べ方

身は脂がのった白身。アイナメの食べ方は、刺身や洗い、煮付け、味噌汁など。

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2015年01月16日

ページトップへ戻る