カサゴ

更新日: 2016年2月22日

特徴

和名 カサゴ(笠子)
分類 カサゴ目フサカサゴ科

30cmくらいにまで成長する魚。赤や茶の褐色の魚体で、頭部は大きく所々にトゲがあり、口が大きく開くのが特徴。

日本各地の沿岸から沖合の岩礁帯を中心に生息。

普段は岩などの隙間に潜んでいて、夜になるとエサを求めて泳ぎだします。

肉食性で、ゴカイや甲殻類、小魚を食べます。

関西ではガシラ、九州ではアラカブと呼ばれています。

釣り方

シーズンは春から夏がベストですが1年中狙うことができます。

カサゴの釣り方は、岩などの根回り・カサゴのいそうな障害物周りを探っていくようなスタイルが基本。

食べ方

身は白身で、調理法は唐揚げ、煮付け、味噌汁、塩焼き、刺身など、どんな料理にしても美味。

注意点

背びれのトゲには毒はありませんが、鋭くて怪我をしやすいので扱いには注意。

また、小さなサイズ(幼魚)やお腹が大きくふくらんだカサゴ(子持ち)が釣れた場合、なるべく海に帰すようにしてください(リリース)。

↓小さなサイズは海に帰してあげましょう。

↓お腹がパンパンにふくらんでいるカサゴは子持ちの親魚の可能性が高いです。子孫繁栄を願って海に帰してあげましょう。

子供サイズや子持ちの親を釣って持って帰ってしまうと、その釣り場にいるカサゴの数が少なくなり、なかなか釣れなくなってしまいます。

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2015年01月18日