カマス

[更新日: 2016年2月22日]

和名…カマス(魳、梭子魚)

分類…スズキ目カマス科

特徴

体長30~50cmほどまでになる魚。一般的にカマスと呼ばれているのはアカカマスです。

正面から見ると円筒状で細長い体、背面は赤黄色を帯びていて、腹は銀白色をしています。口は細く尖っていて大きく開き、鋭い歯が生えているのが特徴。

関東以南から九州まで分布。群れで沿岸の表層から中層を回遊しています。

肉食性で、イワシなどの小魚を追いかけて食べます。

釣り方

シーズンは初夏から秋にかけて。

時間帯は夕マズメから夜にかけてが釣りやすいです。

カマスの釣り方は基本的にサビキやルアーで狙います。また、シーバス釣りの外道で釣れることがあります。

食べ方

白身魚で、調理法は塩焼き、干物、唐揚げなど。

注意点

カマスには鋭い歯が生えているので噛まれないように注意。針を外すときプライヤーがあると安心です。

関連情報