コウイカ

[更新日: 2016年2月22日]

和名…コウイカ(甲烏賊)

分類…コウイカ目コウイカ科コウイカ属

呼び名…スミイカ(関東)

特徴

コウイカは関東以南の沿岸域に生息し、胴体に名前の由来でもある硬い甲を持つイカで、関東ではスミイカと呼ばれます。

大きさは胴長で20cm程度で、足は太く短く、胴にシマウマみたいな白い横線が走っていて、腹は白いのが特徴です。

普段は砂泥底に潜んでいて、甲殻類や小魚などを捕食し、産卵は早春~初夏にかけて内湾などの沿岸部で行われます。

また、コウイカの近縁種で「モンゴウイカ(カミナリイカ)」と「シリヤケイカ」がいて、形がよく似ています。そのため釣り人からコウイカと混同されやすいです。

コウイカとの見分け方として、モンゴウイカは、胴に目玉・あるいはキスマークのような紋様があり、成長すると胴回りが30cm以上とコウイカより大型になるのが特徴。

シリヤケイカのほうは、黒みのある胴に星状の白い斑点模様が見られ、胴の後ろ(頭の反対側)の先から赤茶色の粘液を出すのが特徴です。

釣り方

シーズンは春と秋。

注意点

コウイカはスミを沢山吐くことがあるので、釣り上げた後スミがかからないように注意。

関連情報