タチウオ

[更新日: 2016年2月22日]

和名…タチウオ(太刀魚)

分類…スズキ目タチウオ科タチウオ属

呼び名…タチ(通称)

特徴

太刀魚の名の通り、刀身のような姿をしているのが特徴で、大きさは1m以上になる魚です。

日本の沿岸域に分布し、普段は深場に群れで生息しています。シーズンになるとエサを求めて浅場に接岸してくるので陸っぱりから狙うことができます。

肉食性で、カタクチイワシやアジやサヨリといった小魚、イカなどを食べます。

釣りでは、全長をメジャーで測るより、体高を指で測ってタチウオの大きさを表すことが多いです。(指3本や指4本など)

釣り方

シーズンは秋から初冬にかけて。

食べ方

身は白身で柔らかく小骨が多い。調理法は、塩焼き、ムニエル、唐揚げ、煮付けなど。大きいものは刺身にもできる。

注意点

タチウオの歯はカミソリのようにとても鋭く危険なので、針を外す際には必ず魚体をつかむ道具(軍手、タオル、メゴチバサミなど)と針外し(ペンチやプライヤー)を使うようにすること。

関連情報