メバル

更新日: 2016年2月22日

和名…メバル(目張、眼張)

分類…カサゴ目フサカサゴ科

特徴

20~30cmほどの大きさになる魚で、目が大きく張り出しているのが特徴。アカ・クロ・シロの3種類います。

北海道南部から九州まで広く分布。

群れを作って生活し、夜になるとエサを求めて海面近くまで浮いてきます。

肉食性で、小さな甲殻類(プランクトン)や小魚などの生き物が主食。

釣り方

メバルのシーズンは冬から春にかけて。特に初春によく釣れるので春告げ魚(はるつげうお)という呼び名があります。

メバルの釣り方は、ウキ釣り(電気ウキ)、ヘチ釣りなど。動くものに反応する習性があるので、ルアーで釣ることもできます。

狙い目の時間帯は夜。夜間は表層や浅場に寄ってくるため釣りやすいです。

食べ方

淡泊な白身。調理法は煮付けが一般的。他に塩焼きや刺身など。

注意点

エラブタや背ビレは鋭く尖っていて、また地域によっては背ビレに弱い毒があるとされるので、扱いには注意が必要です。

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2015年01月18日