海釣りスタートガイド TOP  >  釣具  >  あると便利な道具

あると便利な道具

更新日: 2015年1月18日

釣り竿用品

◆ロッドベルト
釣行時にロッドを束ねて持ち運びしやすいようにするためのもの。伸縮性のある帯にマジックテープ(ベルクロ)がついてあるタイプが一般的。

◆三脚
竿立て。投げ釣りなどで置き竿にしたい場合に。特に砂浜では必需品。

◆ロッドスタンド
屋内にロッドを保管しておくもの。自宅などでロッドを壁に立てかけたり床にそのまま置いておくのは不注意による破損事故に繋がりやすいため、ロッドスタンドで保管しておくのが安全です。

◆フックキーパー
ロッドのブランクに装着しルアーのフックを引っかけておくもの。タックルを持ったまま徒歩で移動する最中に、ルアーが暴れてロッドのティップ部分に絡むのを防ぎます。

リール用品

◆スプールバンド
リールを持ち運びする際にスプールに巻いてあるラインをばらけないようにしたり保護するためのもの。「スプールベルト」「ラインストッパー」とも呼ばれます。

◆グリス・オイルスプレー
リールのメンテナンスに用いられる油脂類。ギヤなどの駆動部分・摺動部分を潤滑しスムーズに動作させるために欠かせないもので、さらにグリスの粘度や塗布量によってリールの巻き心地(フィーリング)に影響してきます。リールを製造しているメーカー(シマノやダイワなど)ではリールに使用するのに最適化されたグリスやオイルを製造・販売しているので、メンテナンスの際はそういったものを使用するのが無難です。

ライン用品

◆コーティング剤
ラインに撥水性や滑りを良くするために用いられるケミカル用品。主成分はシリコン系かフッ素系で、ラインにスプレーすることでキャストしたときの飛距離が良くなるとされています。

釣り針用品

◆フックシャープナー
フックを研ぐための道具。釣りの最中、ルアーは根掛かりなどでフックが岩などの硬い障害物に当たったりすることで針先が鈍りやすいため、その都度フックを研ぐ必要があるため必需品となります。

ルアー用品

◆スナップ
ルアーの交換を簡単に行えるようにするための道具。ルアー交換のときに結び直す必要がないため、手間がかからず時間短縮ができます。

スナップの種類にはクイックタイプとクロスロックタイプがあり、クイックタイプはスナップを開くのが容易なためルアー交換を頻繁に行う場合に、クロスロックタイプは構造上スナップが開きにくいが強度に優れジギングや大物狙いに向いています。小さい番手のスナップは軸が細く曲がりやすいため、扱いには注意が必要です。

◆スプリットリング
ルアーとフックを接続するために用いられるリング。スプリットリングを開く場合は専用の道具(スプリットリングプライヤーなど)が必要です。小さいサイズの場合、開くときにツメのサイズが大きすぎるもので無理に開こうとするとリングが伸びてしまい強度低下に繋がるので注意。

◆安全キャップ
フックに取り付けるカバー。針先が鈍らないように保護したり、ルアーケースに入れられたルアーが持ち運びの最中に暴れてフックで塗装に傷つくのを防ぐ目的で取り付けます。

ランディング用品

◆ギャフ
ギャフとは長い棒の先端に鉤がついているもので、これで釣った魚を引っかけて取り込みます。ギャフでの取り込みは、魚は下あご、イカは胴に引っかけます。

◆ランディンググリップ
魚のあごや小さな魚の胴体を掴むことができる道具です。フィッシュグリップとも呼ばれます。ランディンググリップは携帯性に優れるので、ウェーディングゲームでのランディング用途に向いています。また、ぬめりが多い魚や毒魚が釣れたときにも便利です。ランディンググリップの種類には、魚の口を掴むペンチ状のタイプ、メゴチバサミやタチウオバサミなどの魚体を挟み込むタイプ、ボガグリップと呼ばれる下アゴをしっかりつかむ大型の魚にも対応したタイプがあります。

計測するための道具

◆メジャー
魚の全長を測るための道具。形状には帯状と巻き尺のタイプがあります。写真映りがいいように目盛りや数字がはっきりと見えるデザインのものが多いです。

◆スケール
魚の重さなどを量るための道具。「計量器」「吊りはかり」と呼ばれるもの。魚のあごを引っかけ吊り下げて計測したり、ドラグ調整を行う場合に用いられます。スケールの種類にはアナログ式(バネばかり)とデジタル式(デジタルスケール)の2種類に分けられます。また、ギャフやボガグリップといったランディングツールにスケール機能がついたものがあります。

魚をキープするための道具

◆ストリンガー
釣った魚を逃がさず生かしておくための紐付きの金具。魚の下あごに金具を通して海中に泳がせておき、紐は近くの適当なところに縛り付けておきます。

◆ナイフ
魚を活け締め・血抜きをするときに必要な道具。血抜きをすることで魚の肉の生臭さが抑えられ、美味しく食べることができます。

収納用品

◆タックルボックス
ルアーや小道具をまとめて収納することができる大型のボックス。自宅保管や車に釣具一式を積んでおくのに便利です。

落下・紛失防止

◆カラビナ
登山用のロープなどを繋ぐ金具として知られる道具。釣り場で使うカラビナは登山用の本格的なものではなく、日用向けのキーリングタイプのものです。

◆キーバック
スパイラルコードと同じく脱落防止グッズのひとつ。キーバックのヒモの部分はナイロンかチェーンで出来ており、掃除機のコードのように伸ばしたり本体に収納したりできます。

◆スパイラルコード
道具の脱落防止に使われる道具のひとつで、バネのように伸縮性があるのが特徴。プライヤー、携帯電話、デジカメなどに取り付けることが多いです。貴重品はコードの中にワイヤーが通ったタイプを使うとコードが切れる心配がありません。

その他

◆ヒシャク
コマセを撒くための道具。

◆ウェーダー
サーフや河川での立ち込み、沖堤や磯など波を被る釣り場で必要となる装備。

◆ジンバル
ウエストに付けてロッドエンドを当てるもの。オフショアの大物狙いでは必須になります。

  • カテゴリー: 釣具
  • 投稿日: 2015年01月18日

ページトップへ戻る