ヒイカ

更新日: 2017年5月21日

特徴

手のひらに乗るほどの小さなイカ。釣り場では、小型のイカやヤリイカの仲間の子供をまとめてヒイカと呼ぶことが多いようです。

またスーパーや魚屋さんでは、子イカという名前で売られていることがあります。

光に集まる習性があり、夜は常夜灯などの明かりが照っている水面付近に群れで寄ってきていることが多いです。

ヒイカと呼ばれるイカ

ジンドウイカ

呼び名 ヒイカ(通称)、コイカ、テクビイカ、テッポウイカなど
分類 ツツイカ目ヤリイカ科
大きさ 10cm程度(最大)
釣れる地域 北海道以南の日本各地

成長しても10cmぐらいの大きさにしかならない小型のイカ。見た目はヤリイカやケンサキイカの子供に似ています。

ケンサキイカ

呼び名 アカイカ(伊豆・房総半島、大型)、シロイカ、マルイカ(関東、小型)、ダルマ(伊豆・千葉、小型)、ジンドウ(静岡県沼津)
分類 ツツイカ目ヤリイカ科
大きさ 30~50cm程度(最大)
釣れる地域 本州以南

見た目はヤリイカに似ています。釣りあげた直後のものは、体色が赤くなったり白くなったりと激しく変化させます。

大型のものは深場にいて船で狙いますが、小型のものは浅場にいるので岸から釣ることもできます。

※ページトップの写真は、ケンサキイカの子供(マルイカ)かもしれません。

その他

ベイカ(チイチイイカ): 岡山県、九州の有明海など。

釣り方

シーズンは春と秋冬。関東では11月頃から内湾の港湾部でよく釣れるようになり、人気ポイントはヒイカ狙いの釣り人で賑わうようになります。

エギング

ヒイカ釣りは小型のエギ(1.5~2号程度)やスッテを使った釣り方が手軽で人気があります。

エギング(ヒイカ・スルメイカなど)

エサ釣り

エサ釣りでは、市販のチビイカ仕掛けを使った釣り方があります。エサは活きエビ(シラサエビなど)が一般的。

※チビイカ仕掛けとは、イカ針(カンナ)の上にエサを付ける針がついた仕掛け。豆イカ針、チイチイ針など。

食べ方

ヒイカは小さいながらも味は絶品。とても美味しいイカです。

料理は、刺身、ボイル(茹で)、バター焼き、煮物、おでん、一夜干し、沖漬けなど。

↓ヒイカの刺身。キッチンバサミだけで簡単に作ることができます。

↓ヒイカをお湯で茹でたもの。タレはからし酢味噌。

↓ヒイカをおでんと一緒に煮たもの。

注意点

生きてる状態で素手で持つとき咬まれないように注意。小さくても硬いクチバシ(カラストンビ)が生えています。

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2015年01月18日