水難事故を防ぐ備え

[更新日: 2016年3月30日]

水難事故を起こさないためには「海に落ちない」「海に落ちても助かる」の2つの備えをすることです。この備えに対して真剣に考え日頃から心がけているかどうかで、万が一の時、つまり生死を分けることに繋がるといっても過言ではないでしょう。

自分の身は自分で守る。水難事故に遭わないためにはこの考え方が鉄則です。

未然に事故を防ぐ

  • 釣り場の気象情報をこまめに、そして念入りに確認しておく。
  • 疲労、睡眠不足など体調がすぐれない時は釣りに出かけないこと。注意力散漫は事故に繋がります。
  • 足下が滑らないように、フェルト底などの滑り止めがついた長靴を用意すること。
  • 釣り場に着いたら、釣具の準備をする前に、先ず海面の状態、風の状況等の安全を確かめる。
  • 立ち入り禁止の場所には入らない。堤防は波にさらわれるなどの危険が高いため立ち入り禁止にしているところが多いです。
  • 足場が悪いところにはいかない。
  • 子供を連れて釣りに出かけた場合は、子供から目を離さないこと。
  • 気象、海象が悪化の兆しが見えたときは、直ちに安全な場所へ避難をすること。

万が一に備える

  • 必ずライフジャケット(救命胴衣)を着用すること。股ヒモはしっかり締めましょう。
  • 服装は明るく目立つ色にしておくことで、万が一海に落ちても発見されやすいようにする。
  • 携帯電話は必ず防水パックにいれておく。
  • 海に落ちる危険のある釣り場へは決して1人では行かず、必ず2人以上で行く。
  • 釣りに出かける前に、必ず家族や知り合いに行き先を知らせておく。
  • 万が一転落した場合、自力で上がれる場所があるかどうか、助かる方法を考えておく。
  • ロープやクーラーボックスなど、水難者の救助に使えるものを車などに備えておく。

関連情報