イイダコ

更新日: 2016年2月22日

和名…イイダコ(飯蛸)

分類…八腕形目マダコ科マダコ属

特徴

イイダコは北海道南部以南の沿岸に広く生息し、体長5~20cmほどの小型種のタコです。名前の由来は、冬にご飯粒状の卵を持つことから飯蛸→イイダコと呼ばれるようになった、とされています。

冬の産卵を控えて秋口から干潟やサーフなどの浅場へと接岸してきます。

日中は海底の岩の隙間などに身を隠し、夜になるとエサを求めて動きだします。

エサとするものは、エビやカニ、ゴカイ、貝など。

釣り方

シーズンは秋~冬。テンヤと呼ばれる疑似餌を用いるのが一般的な釣り方。

食べ方

味は大変おいしい。一旦茹でてから、煮物やおでんの具、唐揚げに。

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2015年01月18日