メッキ

更新日: 2016年2月22日

分類…スズキ目アジ科ギンガメアジ属

特徴

メッキとは南方系の魚であるロウニンアジ、ギンガメアジ、カスミアジなどの幼魚のこと。釣り人のあいだで使われる名称です。大きさは15~30cm程度。

釣り上げたメッキの種類の見分け方として、ロウニンアジやギンガメアジの幼魚には体に目立つ帯模様が見られます。カスミアジの幼魚は胸びれが黄色いのが特徴的で、体の模様は地味(大きめの個体は少し斑点模様が見られる)。

西太平洋やインド洋などの熱帯・亜熱帯の海域に広く分布するが、一部は黒潮に乗って北上し日本沿岸にたどりつきます。

熱帯性の魚なので、冬になると寒さのため生き残れず死んでしまいます(死滅回遊魚と呼ぶ)。ただし、一部は温排水周辺などの水温が温かい場所で冬を過ごし大きくなる個体もいるようです。

肉食性で、小魚を食べます。

釣り方

シーズンは夏から晩秋にかけて。

食べ方

調理法は、刺身、塩焼き、煮付けなど。

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2015年01月18日