ルアーロッドの選び方

更新日: 2017年2月9日

ルアーロッドを選ぶ際に参考となる情報をまとめてあります。

釣り方から選ぶ

その他の釣り方はこちら

長さとロッドパワー

基本的に、長さがあるほど遠投しやすく、足場の高い釣り場で有利になります。ロッドパワーがあるほど重いルアーが投げられ、大きな魚とのやりとりに有利になります。

ft(フィート)

ft(フィート)とは長さを表す単位(1ft=約30cm)。磯竿などはm(メートル)表記ですが、ルアーロッドはft表記が主流です。

ロッドパワー(パワーアクション)

ロッドパワー(パワーアクション)とはロッドの硬さ(パワー)を指し、これによって投げられるルアーの重さや対象魚が決まります。

  • ウルトラライト(UL)
  • ライト(L)
  • ミディアムライト(ML)
  • ミディアム(M)
  • ミディアムヘヴィー(MH)
  • ヘヴィー(H)
  • エクストラヘヴィー(XH、EXH)

ガイド

ルアーロッドのガイドリングには主にハードガイドとSiCリングがあります。また、ガイドフレームには糸絡みが少ない形状になっているKガイドと呼ばれるものがあります。

↓がKガイド。

現在、海でのルアーフィッシングはPEラインを使うことが主流になっていて、ルアーロッドのガイドリングは硬い素材であるSiCリングが良いとされています。(ハードガイドなどでもPEでの釣りは一応可能。)

もし本格的にルアーフィッシングをやるのであれば、最低限トップガイドがSiCリング(安いお店であれば1万円ぐらいで購入可能)、できればKガイドなどが搭載されたPE対応モデルを選んだほうがいいでしょう。

ティップ(穂先)

チューブラー

穂先が中空(パイプ状)のもの。強度と反発力がある。一般的なルアーロッドはこのタイプ。

ソリッド

穂先が中空でないもの。柔らかくて食い込みがよいので、メバルやアジなどのライトゲーム向け。折れやすいので扱いには要注意。

装着するリール

ルアーロッドにはスピニングロッドとベイトロッドの2種類あります。スピニングロッドにはスピニングリール、ベイトロッドにはベイトリールを装着します。逆にスピニングロッドにベイトリール、ベイトロッドにスピニングリールは装着できない点に注意。

ルアーとラインの適合数値

大抵のルアーロッドには、バットあたりに適合ルアーウェイトと適合ラインの数値が記載されています。この適合値の範囲内でルアーとラインを使うようにすることでストレス無くロッドが扱えるので、購入する前には必ずチェックしておきたい数値です。

実際には適合値よりも重いルアーを投げたりすることは可能です。しかし、極端に数値から外れる場合(例えば適合ルアーウエイト上限の数倍ある重さのルアーを投げる)はロッドが破損する危険があるため、無茶な使い方は避けましょう。

仕舞

ワンピース

継ぎ目がない1本竿のタイプ。ブランクが持つ本来のアクションや強度を発揮することができるのが特徴。ブランクの性能を最大限に発揮するなら継ぎ無しのほうが良いですが、現実的にはロッドが長くなればなるほど持ち運びに不便になるため、ワンピース仕様は6フィート前後までの長さのもの(ボート、オフショア用)が一般的です。

並継ぎ(ジョイント)

ロッドが分割されているタイプで、継ぐことで1本のロッドとして使うことができます。分割されている数は「継ぎ数」や「ピース」などで表されます。

振出(テレスコピック)

無線などの伸縮できるアンテナのような仕組みのタイプ。収納時はコンパクトなため、持ち運びに優れるのがメリット。仕舞寸法が短いものは「パックロッド」「モバイルロッド」などと呼ばれています。

欠点として、ワンピースや並継ぎと比べパワーが劣ります。また、使う時は穂先から順々に伸ばしていき、全てのガイドが真っ直ぐに並ぶように調整しなければならないので手間がかかります。

メーカー・ブランド

品番の見方

メーカー 見方 意味
シマノ S90ML [S][90][ML] スピニングモデル、長さ9.0ft、ロッドパワーML
ダイワ 90ML [90][ML] 長さ9.0ft、ロッドパワーML
メジャークラフト FCS-1002M [FCS]-[100][2][M] 製品名を表す固有表記、長さ10.0ft、継数2、ロッドパワーM
シマノ S706UL-T [S][706][UL]-[T] スピニングモデル、長さ7.6ft、ロッドパワーUL、チューブラーティップ(Sだとソリッドティップ)
ダイワ 76L-T [76][L]-[T] 長さ7.6ft、ロッドパワーL、チューブラーティップ
メジャークラフト FCS-T762L [FCS]-[T][76][2][L] 製品名を表す固有表記、チューブラーティップ、長さ7.6ft、継数2、ロッドパワーL

その他・Q&A

初めてのルアー釣り、最低限どんなロッドがあればいいの?

現在、海釣り用のルアーロッドはターゲットや釣り方ごとに細分化されています。そのため、初心者には最初はどれを選んだらいいのか迷ってしまいがちですが、基本的に「シーバスロッド」と「ライトゲームロッド」の2種類を揃えておけば大抵のターゲットを狙うことができます。※詳しくは後述の「用途別おすすめスペック」を参照。

バスロッドやトラウトロッドでも代用できる?

使えます。バスやトラウトに近い大きさの魚であれば問題なく釣り上げることができます。

エサ釣りへの流用について

ルアーロッドは、サビキ・チョイ投げ・探り釣りなどにも使えます。

サビキやチョイ投げはシーバスロッドやエギングロッド、ヘチ際などの探り釣りにはライトゲーム用(メバルやアジング)ロッドが最適です。

シーバスロッドでアジやメバルを狙える?

シーバス向けのロッドだと硬すぎて、メバルやアジ用の小さなルアーだと軽すぎてうまく飛ばせない・アタリがとりづらい・魚を掛けてもバラシやすいなど、ストレスのたまる釣りとなり厳しいです。

ロッドは狙う魚ごとに最適なスペックのものを選ぶことをおすすめします。

用途別おすすめスペック

釣り方・目的に合ったルアーロッドのスペックを紹介します。

どのようなルアーロッドを選べばいいのか迷っている方は、以下の例を参考にしてください。

シーバスロッド

  • 長さ…9ft前後
  • ロッドパワー…ML~M

シーバスロッドは人気ターゲットであるシーバスを始め、ヒラメ・マゴチ・クロダイ・タチウオなどを狙うことができます。

また、ワカシ・イナダ・ソウダガツオ・サバなどの小型青物・回遊魚狙いのライトなショアジギングにも使えます。

エギングにも一応使えます。今はエギングロッドが主流ですが、エギングロッドが普及する以前の頃はエギングをやる人はシーバスロッドなどでやっていました。ただ、エギングロッドのほうが軽くてシャクリやすく長時間やっても疲れにくいです。なのでエギングも本格的にやりたいといった方は、お金に余裕があれば一本揃えることをおすすめします。

エサ釣り用途では、ちょい投げ・サビキ・投げサビキ・電気ウキなどに使えます。

キャストできるオモリ号数

  • ML(ルアーウエイト上限値:約20~30g)…5~8号。
  • M(ルアーウエイト上限値:約30~40g)…8~11号。

参考:オモリ号数をg(グラム)に換算

ライトゲームロッド

  • 長さ…7ft前後
  • ロッドパワー…UL~L

ライトゲームロッドとは、メバリングロッド・アジングロッド・ロックフィッシュロッドなどと呼ばれる小型魚向けのロッドのこと。メバル・アジ・カサゴ・メッキなどが狙えます。

エサ釣り用途では、ヘチやテトラでの探り釣り(穴釣りなど)・ハゼやキス狙いのちょい投げ・ウキ釣りなどに使えます。

キャストできるオモリ号数

  • UL(ルアーウエイト上限値:約7~10g)…2~3号。

関連情報

↓予算ごとのおすすめや比較についてはこちらから。