海釣りスタートガイド TOP  >  仕掛けづくり  >  ラインの結び方  >  ジャンスィック・スペシャルノット

ジャンスィック・スペシャルノット

更新日: 2017年2月10日

ルアーあるいはスナップ等とラインを結ぶときに用いる結び方。「漁師結び」とも呼ばれています。簡単で覚えやすく、ラインの太さを問わず結びやすく、強度も他の結びに比べて強いとされるため、実用的なノットのひとつといえます。

結び方

1. スイベルにラインを通す。

2. 写真のように2重の輪っかを作る。端糸(写真右側)は手前側にくるように。

3. 輪っかに端糸(写真右側)を2回巻き付ける。

4. ライン本線と端糸をゆっくり引っ張って締めていく。

5. ある程度締めた状態。ここで結束部を湿らせてからしっかり締め込んでいく。注意点として、締め込んだときスイベルの環に巻き付いてるラインが密巻きになっているかチェックすること。もしラインが×状に重なってる場合、結束力が落ちるようなので始めから結び直すようにします。

6. 完全に締め込んだ状態。

7. 端糸をカットする。

8. 完成。

参考情報