サッパ

更新日: 2017年7月20日

和名 サッパ(鯯)
分類 ニシン目ニシン科サッパ属
呼び名 ママカリ(岡山、瀬戸内)、サッペラ(千葉)、キイワシ(石川)、ハラカタ(関西)
大きさ 20cm程(最大)
釣れる地域 北海道以南

特徴

手のひらに乗る程度の大きさで、薄く平べったい体をしているのが特徴。

背中は青緑色、体側から腹部にかけて白銀色。腹部のうろこが大きくて硬い。

ママカリという別名で知られています。

コノシロと似ていますが、体側に黒い点が並ばず、背ビレの後ろ端の部分(軟条)が糸のように長く伸びていない、といった違いで見分けることができます。

北海道以南の沿岸域に分布し、湾内や汽水域にかけて群れで生息。

食性はプランクトンで、泳ぎながら大きく口を開いて海水ごと吸い込み、エラの部分で濾(こ)しとって食べます。

釣り方

サッパの釣り方はサビキが一般的。アジやイワシと並んでサビキ釣りではおなじみの魚です。

年中狙える魚ですが、シーズンは春から秋にかけて。特に初夏~夏頃がベストシーズン。

冬の時期は水温が低くなるため深場に移動してしまい、陸っぱりからは釣れにくくなります。

食べ方

身は淡泊で小骨が多い。

料理は、酢じめ、唐揚げ、塩焼き、刺身、素干しなど。

注意点

釣りあげたサッパの背中に黒いダンゴムシみたいな虫がついていることがあります。これは「サッパヤドリムシ」と呼ばれる寄生虫です。

毒はなく、寄生されたサッパを料理して食べても問題ありません。

害はありませんが、虫嫌いの方は要注意。

関連情報

  • カテゴリー: 釣魚
  • 投稿日: 2015年01月18日