ルアー釣り(マダコ)

ルアーでのマダコ釣りについて。

必要なもの・タックル

ロッド

シーバスロッド、ショアキャスティングロッド。

長さ9フィート~10フィート、

ロッドパワー:M

9フィート~10フィート、Mの入門用におすすめのシーバスロッド・最新まとめ

リール

スピニングリール。

リールサイズ(番手)は、シマノなら4000~C5000番、ダイワならLT4000~LT5000-C。

ハイギアモデルがおすすめ。

シマノ4000~C5000クラス、ダイワLT4000~LT5000-Cクラス、ハイギアの入門用におすすめのリール・最新まとめ

ライン

PE1~1.5号+リーダー5号、長さ1.5m

ルアー

タコエギ3~4号

ポイント

外洋に面したエリア。漁港。

海藻が生えている場所、沖の岩礁帯周り、足下の捨て石、堤防の壁面など。

時間帯

日中。

釣り方

タコエギの動かし方は海底をスローにズル引きするのが基本。
ときおりロッドをあおってタコエギをジャンプさせたりして誘いをかけます。
ジャンプさせた後は底に落としてから数秒間ストップさせてマダコがエギに抱きつく時間をとりましょう。

マダコのアタリですが、タコエギをズル引きしている最中に海藻などのゴミがひっかかったようなジンワリした重みを感じるので、マダコがエギに抱きついたと思ったら即座に大アワセをしてからマダコを底から一気に引き離すようにリールを早く巻いて寄せていきます。もし一旦底に張り付かれると根がかりと同じ状態となり、取り込むことが難しくなるので注意。