海釣りスタートガイド TOP  >  釣った魚の料理  >  タチウオ料理~さばき方やレシピのメモ

タチウオ料理~さばき方やレシピのメモ

管理人が釣ったタチウオをさばいて料理したときの備忘録。

さばき方

※必要な道具は以下を参考に。

魚をさばくのに必要な道具とおすすめ~包丁やまな板、それ以外にあると便利なもの

 

タチウオのさばき方は、アジなどの3枚おろしができるのであれば簡単です。

 

タチウオは他の魚と比べて、さばくのが楽。

  • タチウオにはウロコが無い。なのでウロコを落とす手間が無い。
  • 中骨が無い(多分)ので、骨抜きを使う必要が無い。
  • 指3~4本ぐらいの大きさであれば、時間のかからない大名おろしでOK。
食べてもおいしいタチウオ。釣りを始めたのを期に魚をさばいて食べてみよう、という人にはおすすめの対象魚です。

刺身

タチウオを3枚におろしたら、あとは皮付きのまま細めに切ればお刺身の完成。

アジのように骨抜きを使う必要が無いので、手間がかかりません。

炙り

3枚におろしたタチウオの皮をガスバーナーで炙り、氷水で冷やす。

あとは適当な大きさに切って完成。

タチウオの炙り。わさび醤油がよく合います。

 

管理人の場合、炙るときはフライパンの上に金網を置いて、その上に魚を置いてからガスバーナーで炙ってます。
炙ったあとは、ラップをかけた保冷剤に置いて冷やします(普通は氷水の中に入れて冷やす)。タチウオの場合、身が薄いのでこれで十分かなと思ってます。

塩焼き

タチウオの定番メニュー。

シンプルに塩をふって焼くだけ。焼きたてがおいしい。

天ぷら

タチウオは天ぷらにしても合います。

骨せんべい

タチウオの背骨は、揚げて骨せんべいにするとおいしく食べられます。

作り方は、適当な大きさに切ったあと、塩コショウして、小麦粉を薄くつけてから油で揚げる。

油の温度は160~180度、揚げる時間は7~8分ほど。

ムニエル

タチウオの身に塩コショウと小麦粉をつけて、フライパンで多めのバターで焼く。

食べるときはお好みで醤油をかけてもよし。

タチウオはバターとの相性がいいです。

注意点として、ムニエルにする場合は3枚におろしたほうがいいです。

ブツ切りのままだと小骨が多くて食べにくいからです。

アクアパッツァ

材料はタチウオとアサリとプチトマト、あとはモランボンのアクアパッツァを使用。

作り方は下処理した材料を鍋に入れて煮るだけ(ラクチン)。

味は文句なし。ただ、写真のようにブツ切りで調理すると小骨が多くて食べにくいです。(フォークとかで小骨をよけて食べるのは不便なので、箸を使って食べた)

3枚におろしてから調理することをおすすめします。

ホイル焼き

タチウオときのこを使ったホイル焼き。きのこのよい香りが楽しめます。

※グリル調理器(グリルパン)が必要です。

材料

  • タチウオ:適量
  • きのこ:エリンギ、シメジ、エノキダケなど、適量
  • バター:大さじ2~3杯程度(普通・無塩どちらでも可)
  • 岩塩:少々
  • ブラックペッパー:少々

普通の塩コショウより、岩塩とブラックペッパーをミルで挽いたものを使ったほうがおいしくできます。

作り方

  1. 材料は適当な大きさに切っておく。
  2. 広げたアルミホイルの上に、きのこ(半分ほど)、タチウオ、きのこ(残り)の順にのせる。
  3. 2の上にバターをのせ、塩コショウを振って、アルミホイルを閉じる。
  4. 弱火で8~9分ほど焼く。

更新記事

スマホで気をつけたいこと

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

「今の時期に釣れる魚は?」が新しくなりました

リニューアル版では「月」と「釣り場」を変更できるようになりました。

例えば、来月とか再来月とかの釣れる魚を確認することができます。

新しくなった「今の時期に釣れる魚は?」は、トップページでご利用できます。

トップページへ