釣り針の種類

海釣りで使われる代表的な針について。

チヌ

海釣りではポピュラーな針のひとつ。軸が太めで大きな魚が掛かっても曲げられる心配がありません。クロダイやスズキを始め、様々な釣りに使われます。

丸セイゴ

チヌとならんで海釣りの代表的な針のひとつ。軸が太く、吸い込みやすい形状をしているのが特徴。

釣り針の基本型のひとつで、細軸で針掛かりがいいのが特徴。イワシやアジなどを狙うサビキ釣りやウキ釣りなど、小物狙い全般の釣りに。

流線

フトコロが狭く軸が長いのが特徴。吸い込みがよく針が飲まれても外しやすいため、主にキスやカレイなどを狙う投げ釣りに使用されることが多いです。

グレ

メジナ狙いに使われる針。メジナの小さな口に合わせて、吸い込みやすいよう小さく作られているのが特徴。

関連記事

更新記事

スマホで気をつけたいこと

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

「今の時期に釣れる魚は?」が新しくなりました

リニューアル版では「月」と「釣り場」を変更できるようになりました。

例えば、来月とか再来月とかの釣れる魚を確認することができます。

新しくなった「今の時期に釣れる魚は?」は、トップページでご利用できます。

トップページへ