海釣りスタートガイド TOP  >  釣り方  >  エサ釣り  >  ミャク釣り(ハゼ)

ミャク釣り(ハゼ)

更新日: 2016年3月30日

夏場のハゼ釣りでは定番の仕掛け。ハゼのミャク釣りは積極的に誘いをかけたり、魚のアタリをダイレクトに感じることができるので、小さな魚ながらも十分に楽しむことができる釣り方です。

シンプルな仕掛けなので、海釣り初心者でも気軽に挑戦することができるでしょう。

必要なもの・タックル

竿

渓流竿4.5~5.3m

道糸

ナイロン1号

仕掛け

スナップサルカン

ナス型オモリ1~2号

ハリス…0.4~0.6号、5~10cm

針…袖4~7号

エサ

アオイソメ、ジャリメなど。

エサの付け方は通し刺し、タラシは2~3cmほど。

ポイント

内湾、河口域や運河。

時間帯

日中。

釣り方

ハゼは底にいる魚なので、仕掛けは底まで沈めて、ゆっくりと海底を小突くように竿先を上下させながら誘いをかけます。

アタリが出たら軽く竿を上げるようにしてアワセを入れましょう。強くアワセをいれてしまうとハゼに警戒心を与えエサを食わなくなることがあるので注意。

またエサの活きが悪くなったら付け替えるようにしましょう。

関連情報

延べ竿でできる釣り方

ミャク釣り(ハゼ)で釣れる魚

  • カテゴリー: エサ釣り
  • 投稿日: 2015年07月27日

ページトップへ戻る