海釣りスタートガイド TOP > 釣具 > ルアー > ルアー(ジグ系)の種類


ルアー(ジグ系)の種類

[更新日: 2015年3月22日]

◆メタルジグ
棒状の金属でできたシンプルなルアーです。自重があり空気抵抗が少ないため遠投性にとても優れています。主に沖狙いや深場狙いで使われることが多く、ジャークとフォールで動かして魚を誘っていく形が基本的な使い方となります。

一般的にジグと呼ばれるタイプはこのメタルジグを指し、狙う魚種ごとに様々なサイズや形状のものがありバリエーションが豊富。形状や重心の違いで、スイミングやフォーリングに大きな差が生まれてきます。

◇低重心タイプ
重心が後ろにあり最も一般的に見られるタイプ。

◇前重心タイプ
前部に重心があるタイプ。低重心と比べてフォーリングがゆっくりで、魚にアピールする時間が長くとれるため、バーチカルジギングでは大きなメリットとなります。欠点はフックがラインに絡みやすい点。

◇スイミングタイプ
ミノープラグのように、リトリーブするとボディを振るアクションが発生するのが特徴。遠投して早巻きしたいとき、ナブラ撃ちなどで活躍します。

◆ジグミノー
ジグの遠投性に加えてミノープラグのアクションを備えたジグです。ジグの中でも小魚を意識した形状で、ミノープラグのようにリトリーブを主体とした使い方ができるのが特徴。

◆スピンテールジグ
バイブレーションと似た形状の金属製ボディの後ろにブレードを取り付けたもの。テールスピンジグ、ブレードベイトとも呼ばれています。水中で泳がせると、ブレードが水の抵抗を受けてクルクルと回転し、キラッキラッと光を反射させます(フラッシング)。ブレードによるフラッシングは魚に強くアピールするため、特に日中(デイゲーム)では高い集魚効果を発揮します。

◆ソルトラバージグ
バスフィッシングで使われるラバージグの海用とでもいえるルアーです。独特の形状をしたジグにスカートと呼ばれる細いゴム紐の束とアシストフックがついていて、フックにはトレーラーワームと呼ばれるソフトルアーがセットされているものです。基本的には、海底で引きずったりジャンプさせたりして動かします。