海釣りスタートガイド TOP  >  ルアーフィッシング  >  ルアー釣り(青物・ショアジギング)

ルアー釣り(青物・ショアジギング)

ルアーでの青物は、陸っぱりから狙える魚の中でも強烈な引きが楽しめる人気の高いターゲット。

時合いにうまく当たれば、ガツン!とロッドをしぼりこむパワフルな青物とのやりとりが味わえるでしょう。

釣れる魚

ショアジギングで釣れる主な青物。

必要なもの

※ライトショアジギング向けの内容です。

タックル

ロッド

ライトショアジギング向けのスペック。

長さ9~10ft、ロッドパワーM

30~40g程度のメタルジグを無理なくキャストできるロッドが必要になります。

最大60g程度のジグが投げられるもの。

 

※手持ちにシーバスロッドがあれば、それを流用することができます。

長さ9~10ft、ロッドパワーML~M

河口・サーフ向けのもの。

リール

シマノの場合:4000、C5000 など

ダイワの場合:LT5000-C など

ルアーを早く動かせるハイギヤモデルがおすすめ。(品番にHG、XG、H、XHの英字表記があるもの)

ライン

メイン(道糸):PE1~1.5号

リーダー:5~7号、50cm~1m程度。

飛距離が必要なのでPEを使います。そして必ずリーダーを結びます(参考: FGノット)。

リーダーを付けずにPEとメタルジグを結んで投げると、結び目から切れる恐れがあります。

 

参考:ルアーロッド(岸釣り用)に合うスピニングリールのまとめ~手持ちの釣具を組み合わせて調査

ルアー

主に使うのはメタルジグ。人気があるのはメジャークラフト製など。

メタルジグの中には、かなり重たいものもあるので、選ぶときは重さに注意。ロッドに書かれてある適合ルアーウェイトの範囲に収まるものを選ぶようにしましょう。

ミノー系はヘビーウェイト(ヘビーシンキング)のものが青物向け。

種類サイズ
メタルジグ15~30g
ミノープラグ9~13cm
トップウォータープラグ
ペンシルベイト
9~13cm

玉網(足場の高い堤防などの場合)

堤防など足場の高い釣り場であれば、玉網(ランディングネット)が必要になります。

玉網(ランディングネット)の選び方

クーラーボックスと氷(魚を持ち帰る場合)

青物は痛みが早く、釣りあげたらすぐ血抜きをして、よく冷えたクーラーボックスの中へ入れておかないと、食中毒の危険があります。

釣った魚の持ち帰り方——キープの仕方や必要な道具について

ポイント

潮通しのいい釣り場。防波堤、漁港、テトラ帯、サーフ、磯場など。

カケアガリ、根回り、潮目、離岸流などが魚の付き場となるので狙い目。

ナブラやトリヤマが見つかればチャンス。

時間帯

朝・夕マズメ。

釣り方

基本的に速い動きのアクションで誘います。ルアーの動きが遅いと動体視力の良い青物に見切られてしまうためです。

ルアーを動かすときは、決して動きを止めず、ルアーがバランスを崩さない範囲でとにかく早く引きましょう(1秒間にハンドル2~3回転が目安)。

青物がくるまでひたすらルアーをキャストし続ける回遊待ちの釣りですが、潮目やカケアガリや根回りなど魚がつきやすいポイントがあればそこを重点的に探るとよいでしょう。

反応が悪ければ、トゥイッチ、ジャーク、ジャカジャカ巻きなどでアクションを加えてやります。

単調な動きだと見切られやすいので、ロッドの動かすときに強弱をつけてイレギュラーな動きを演出してやるとよいでしょう。

ナブラを発見した場合は、やや離れた所にルアーを着水させてからナブラの下に通すようにします。

ナブラに直接ルアーを投げ込むと魚の群れが散ってしまうので注意。

ヒットした後、魚が元気よく走ってるときはロッドを立てた状態のまま耐え、動きが止まった時にすかさずリールを巻いて寄せていきます。

足元まで寄せた後は、魚のサイズが30cmぐらいならそのまま抜きあげ、それ以上のサイズは玉網を使って取り込むようにします。

 

関連記事

ショアジギングタックルをそろえる

釣った魚の食べ方

ルアー関連

更新記事

スマホで気をつけたいこと

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

「今の時期に釣れる魚は?」が新しくなりました

リニューアル版では「月」と「釣り場」を変更できるようになりました。

例えば、来月とか再来月とかの釣れる魚を確認することができます。

新しくなった「今の時期に釣れる魚は?」は、トップページでご利用できます。

トップページへ