海釣りスタートガイド TOP釣った魚の料理海で釣れる食べられない魚・毒魚

海で釣れる食べられない魚・毒魚

堤防などで釣れることがある、食べられない魚についてまとめてあります。

食べたら命に係わる場合もあるので、もし釣れたらすぐ逃がすようにしてください。

【猛毒】テトロドトキシンを持つ魚

食べると最悪死にます。

加熱しても冷凍しても無毒化することはできません。

別名フグ毒。ほとんどのフグがテトロドトキシンを持っています。

キス釣りではおなじみの外道「クサフグ」。近くに河口がある釣り場でよく釣れる。
カワハギ釣りでは定番の外道「キタマクラ」。岩場混じりのところでよく釣れる。
これもキタマクラ。オスの場合、産卵期になると写真のような鮮やかな婚姻色が表れる。

 

その他のフグの写真一覧、中毒症状については以下を参照(外部)。
自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒|厚生労働省

【猛毒】パリトキシン(パリトキシン様毒)を持つ魚

食べると最悪死にます。

加熱しても冷凍しても無毒化することはできません。

※リンク先はGoogle画像

四角い箱型の体が特徴的な「ハコフグ」。ハコフグの仲間の一部にパリトキシンに似た毒を持つ。

 

パリトキシンを持つ魚の写真一覧、中毒症状については以下を参照(外部)。
自然毒のリスクプロファイル:魚類:パリトキシン様毒|厚生労働省

シガテラ毒を持つ魚

プランクトン由来の毒(食物連鎖による生物濃縮)。

加熱しても冷凍しても無毒化することはできません。

死ぬことは「まれ」とされますが、救急車を呼んだり入院が必要なぐらいの症状が起こります。

沖縄など、南方の地域で釣れる魚が多いです。

※リンク先はGoogle画像

 

シガテラ毒を持つ魚の写真一覧、中毒症状については以下を参照(外部)。

釣ったフグを持って帰って食べてはいけない理由

ご存じの通り、フグは食べることができます。

ただし、安全に食べられる条件として、

  • 食用にできるフグであること。
  • フグの調理師免許を持った人が決められた施設でさばいたものであること。

に限ります。

食用にできるフグを見分けるのは難しい

フグの種類は多いです。

その中で見た目がよく似ている種類がいます。

例として、釣りで見かけることのあるフグで紹介します。

 

写真は「シロサバフグ」。このフグによく似てるのが「ドクサバフグ」。ドクサバフグは身も毒があるので食べることができません。
写真は「ショウサイフグ」。このフグによく似てるのが「ナシフグ」。ナシフグは身も有毒の場合があるため原則食用不可。

 

さらに、毒性がまだ明らかになってないフグや、交配種のフグの存在もあります。

交配種のフグの例。トラフグとマフグ、両方の特徴をもつ。

中間種フグにご注意ください
山口県ホームページ

見よう見まねで安全にフグをさばけるか

最近だとYouTubeでフグのさばき方を紹介してる動画を見ることができます。

そういった動画を見て、「自分でもできそうだ」と思う人がいるかもしれません。

 

もし、釣ったフグをさばいて食べてみたいと思った方は、一度以下のページをチェックしてみてください。

過去10年間に起こった、ふぐによる食中毒の発生状況(全国)

  

フグのさばき方を詳しく解説してる動画をスマホで(しかも無料で)見られる時代でも、フグでの食中毒は毎年起きています。

なぜ、フグ調理師の免許が存在するのか?というわけです。

フグを調理して食べたことによる死亡事故の例。

【注意喚起】フグの自家調理について
大阪府

釣ったフグを食べたいのなら釣り船を利用する

乗合船の中にはフグ専門の釣り船があります。

対象魚はトラフグやショウサイフグなど。

釣り方は主にカットウ釣り。

釣ったフグは、資格を持ってる方が船宿でさばいてくれます。

その他の食べられない魚

このページで紹介した毒魚以外についても掲載されています。

水産市場向けの内容です。堤防釣りではまず見かけない魚も掲載されています。

※リンク先は「東京都福祉保健局」内のページ

毒魚と呼ばれているが食べられる魚(フグ以外)

釣り場で毒魚と呼ばれている魚の中には、食べることができるものもいます。

正確には毒針がある魚です。

刺されないように気をつけながら、毒針をキッチンバサミやニッパーなどで切り落とせば、あとは他の魚と同じようにさばいて食べることができます。

※エイに関しては、毒針が猛毒でかなり危険なので、釣れたら無理せずハリスを切って逃がすように。

毒針を持つ魚・生き物について詳しくはこちら。
素手で触ってはいけない——海で釣れる危険な魚・生き物と対処法