海釣りスタートガイド TOP  >  釣った魚の料理  >  サバ料理~さばき方やレシピのメモ

サバ料理~さばき方やレシピのメモ

管理人が釣ったサバをさばいて料理したときの備忘録。

さばき方

※必要な道具は以下を参考に。

魚をさばくのに必要な道具とおすすめ~包丁やまな板、それ以外にあると便利なもの

 

サバのさばき方は基本的に3枚おろし。アジと同様と考えてよいです。

管理人は大名おろしでさばいてます。

しめ鯖

管理人の場合、しめ鯖にして食べるときは一度冷凍します。

冷凍する理由はアニサキス対策です。

ただ、家庭用の冷蔵庫で何日冷凍すれば大丈夫といったデータが今のところありません。冷凍してから生食を試される方は自己責任でお願いします。

材料

  • サバ
  • 米酢

※サバを酢につけるとき、砂糖とコンブ出汁を加えるやり方もある。

作り方

  1. サバを3枚におろして腹骨をとる。中骨(小骨)、皮は残したまま。
  2. 身に塩をふって2~3時間ほど置く。
  3. 軽く水洗いして塩を落とし、水気を拭き取る。
  4. 酢につける。時間は30分~1時間ほど(お好みで調整)。
  5. 酢を拭き取り、ラップに包んで冷凍庫に入れて数日置く(アニサキス対策)。
  6. 【食べるとき】冷蔵庫で解凍してから中骨と皮を取り除く。あとはお好みの大きさに切って、皿に盛り付けて完成。
サバを酢につけてる様子。角バットよりジップロックのほうがいいかもしれない。

刺身

サバを刺身で食べる場合、しめ鯖と同様に一度冷凍します。

※冷凍してから生食を試される方は自己責任で。

炙り

サバは皮を炙るとおいしさが一層引き立つ。※一度冷凍してあります。

刺身のように皮を引かず、皮を炙って食べると香ばしい風味が楽しめます。

しめ鯖の皮を炙って食べるのもおいしいです。

サバの皮は炙るとはがれやすい。写真のようにあらかじめ切れ目を入れてから炙るようにすると多少はがれにくくなる。

塩焼き

脂がのったサバは、シンプルに塩をふって焼くだけでも十分おいしい。

味噌煮

サバといえば味噌煮。

管理人はモランボンの味噌煮用つゆを使ってます。(材料切って煮るだけなのでラクチン)

つけあわせに、大根、カブ、長ネギ、ねじりコンニャクなどを入れるとよいです。

さばカツ

作り方はアジフライとほとんど同じ。

材料

  • サバ
  • 小麦粉
  • パン粉
  • コショウ
  • キャベツ
  • ソース(とんかつソース、中濃ソース)
  • からし

作り方

  1. サバは3枚におろして腹骨と中骨(小骨)を取り除いた状態にする。キャベツは千切りにしておく。
  2. 適当な大きさに切って(大サバなら半身を3等分)塩コショウをする。
  3. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順につける。
  4. 180度ぐらいの油で、きつね色になるまで揚げる(5~6分程)。
  5. 油を切ったあと、皿に千切りキャベツと一緒に盛りつけて完成。
さばカツは揚げたてが一番おいしい。
キャベツの千切りはキャベツピーラーを使うと簡単にできます。※写真は「ののじ キャベツピーラースーパーライト CBP-03G」

アラ汁

アラと背骨で出汁をとって作った味噌汁。

サバのカマは小さいですが特に脂がのってる部分。これでアラ汁を作るととてもおいしい。

更新記事

スマホで気をつけたいこと

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

「今の時期に釣れる魚は?」が新しくなりました

リニューアル版では「月」と「釣り場」を変更できるようになりました。

例えば、来月とか再来月とかの釣れる魚を確認することができます。

新しくなった「今の時期に釣れる魚は?」は、トップページでご利用できます。

トップページへ