海釣りスタートガイド TOP  >  釣った魚の料理  >  シロギス料理~さばき方やレシピのメモ

シロギス料理~さばき方やレシピのメモ

管理人が釣ったシロギスをさばいて料理したときの備忘録。

さばき方

※必要な道具は以下を参考に。

魚をさばくのに必要な道具とおすすめ~包丁やまな板、それ以外にあると便利なもの

 

シロギスのさばき方は背開きが一般的。刺身にする場合は3枚におろします。

天ぷら

シロギスといえば、やはり天ぷら。

刺身

大きいシロギスであれば刺身にすることもできます。

炙り

皮を引かずに炙ると香ばしい風味が楽しめます。

個人的には刺身より炙りのほうが好み。

つみれ汁

シロギスの身と片栗粉、卵白をつなぎにしてフードプロセッサーでつみれにしたもの。

汁はキスの骨と昆布で出汁をとり、塩で味付け。

骨せんべい

刺身などにする際に残った骨を油で揚げれば、おいしいおつまみになります。

キスフライ

作り方はアジフライとほぼ一緒。

大きめのシロギスはフライにするとおいしい。

材料

  • シロギス
  • 小麦粉
  • パン粉
  • コショウ
  • キャベツ(お好みで)
  • ソース(中濃ソースやタルタルソースなど)

作り方

  1. 背開きにしたシロギスに、塩コショウをする。
  2. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順につける。
  3. 180度ぐらいの油で、きつね色になるまで揚げる(4~5分程)。

※身が薄いので揚げすぎないように注意。写真のはちょっと失敗。

アクアパッツァ

材料はシロギスとアサリとプチトマト、あとはモランボンのアクアパッツァを使用。

白身魚なのでアクアパッツァと相性がよいです。

ただ、小さくても骨は取り除いたほうがいいです。

※写真のは小さいキスを骨ごと調理。食べるとき骨が口に残るのが気になった。(よくかめば骨ごと食べることは可能)

関連記事

更新記事

スマホで気をつけたいこと

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

「今の時期に釣れる魚は?」が新しくなりました

リニューアル版では「月」と「釣り場」を変更できるようになりました。

例えば、来月とか再来月とかの釣れる魚を確認することができます。

新しくなった「今の時期に釣れる魚は?」は、トップページでご利用できます。

トップページへ