海釣りスタートガイド TOP  >  ルアーフィッシング  >  エギング(コウイカ・スミイカ)

エギング(コウイカ・スミイカ)

エギングではアオリイカと並ぶ人気ターゲット。

コウイカのシーズンは春と秋で、特に秋はサイズは小さいものの数釣りが楽しめます。

基本的にタックルや釣り方はアオリイカと同じでOKです。

釣れるイカ

  • スミイカ(コウイカ)
  • カミナリイカ
  • シリヤケイカ

必要なもの・タックル

ロッド

エギングロッド8~9ft

リール

スピニングリール。PEラインを使うので浅溝(シャロースプール)タイプがおすすめ。

 

シマノなら3000番クラス。

ブランド適合する品番
シマノC3000
C3000HG
C3000DH
C3000S (PE0.8号-150m)
C3000SDH (PE0.8号-150m)
C3000SHG (PE0.8号-150m)
C3000SDHHG (PE0.8号-150m)
など

 

ダイワならLT2500~3000番クラス(旧機種なら2500番)。

ブランド適合する品番
ダイワLT2500 (PE0.8号-200m)
LT2500S (PE0.6号-200m)
LT3000-C (PE1.0号-200m)
LT3000S-C-DH (PE0.8号-200m)
(旧) 2506 (PE1.0号-100m)
(旧) 2508 (PE1.0号-200m)
(旧) 2500
など

ライン

PE0.6~1号+リーダー2~3号、長さ1m

エギ

3~4号

ポイント

コウイカが好む砂泥底。特に近くに水深があり潮通しの良いポイントが狙い目。

潮目、ミオ筋、磯場、藻場、沈み根。夜は常夜灯周りも。

天候が悪く海が底荒れした状態だと釣れなくなります。

時間帯

朝夕マヅメ~夜。日中でも可。

釣り方

コウイカの釣り方は底を探るのが基本。タダ巻き、またはシャクっては落とし込む(フォール)を繰り返します。シャクるときは底から離れすぎないよう小さくシャクるのがポイント。

エギに乗ってきた場合のやりとりはアオリイカと同じで、強引にやり取りせずロッドを立てた状態のままリールを巻いて寄せていくようにしましょう。

釣り場でのマナーとして、釣り上げたときにイカが吐いた墨は水汲みバケツ等を使って海水で洗い流すようにしましょう。

関連記事

エギングタックルをそろえる

エギングタックルでできる釣り方

ルアー関連

更新記事

スマホで気をつけたいこと

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

「今の時期に釣れる魚は?」が新しくなりました

リニューアル版では「月」と「釣り場」を変更できるようになりました。

例えば、来月とか再来月とかの釣れる魚を確認することができます。

新しくなった「今の時期に釣れる魚は?」は、トップページでご利用できます。

トップページへ