海釣りスタートガイド TOP  >  サビキ釣り  >  イワシ釣りでおすすめのサビキ仕掛け

イワシ釣りでおすすめのサビキ仕掛け

この記事では、管理人がイワシ釣りで実際に使ってるサビキ仕掛けを紹介します。

ハイパーパニック(オーナー)

2019年時点、管理人イチオシの対イワシ用サビキ仕掛け。

この仕掛けとオモリだけでイワシが沢山釣れます。

コマセはいりません。

 

おそらく多くの方が初めてこの仕掛けを見たとき、

「ほとんど針じゃん」

「こんなので本当に釣れるの??」

と思われるかもしれません。

 

針に「フラッシャー」と呼ばれるヒゲのような飾りがついただけ。

正に、ほとんど針だけの仕掛けですが、 イワシがよく釣れます。

針にピンク色のゴムみたいな飾りがついた、ごく一般的なサビキ仕掛けより釣れます。

一度騙されたと思って使ってみてください。

 

注意点として、ハイパーパニックはハリスがとても細いです。もし大きめの魚が掛かった場合、そのまま抜きあげようとするとハリスが切れる恐れがあります。

また仕掛けが長いので、長い竿を使うことをおすすめします。磯竿が適しています。

ちょい投げ用の竿やシーバスロッドやエギングロッドなど、3m以下の竿しかない場合、ショートタイプのハイパーパニックがあるので、それを使うことをおすすめします。製品名は「ショートハイパーパニック7」です。

※ちなみに釣り好きの方には、あまりに簡単に釣れてしまうサビキ仕掛けとして知られています。

調子に乗って釣りすぎてしまうと、後々持ち帰って食べるとき大変です。

食べられる分だけ釣りましょう。

ちょい太豆アジ(ささめ針)

小さなイワシもかかりやすい小さな針に、大きめの魚がかかっても切られにくい太ハリス仕様のサビキ仕掛け。

ハリスが太いので、大きなコノシロなどがかかっても切られる心配はありません。

ハリスが1号あれば、30cm近いズッシリとしたコノシロでも、抜き上げることができます。

価格は300円台。

針の飾りは、ピンクスキン、ホワイトスキン、ハゲ皮の3種類。イワシなら、どの飾りでも釣れます。※個人的にはハゲ皮がおすすめ。


豆アジサビキ太ハリス(プロマリン)

ささめ針の「ちょい太豆アジ」と同じタイプのサビキ仕掛け。

価格は300円台で、ささめ針のと同じくらい。

ただし、こちらは3枚セット。同じ値段で仕掛け×3。お買い得感高いです。

ただ、あまり長持ちはしない感じです。

  • 錆びやすい。仕掛けの両端についてるスナップサルカンと針。
  • スキンの劣化。一度使用した後、水洗いし、仕掛け巻きに巻いてしばらく保管しておくと、ピンクの部分(スキン)が溶けてる。

劣化しやすい点を除けば、良い仕掛けです。ささめ針のと比べて釣果が劣るようなことはありません。

コストパフォーマンスは高いです。

「トリック」シリーズ ※改良トリックなど(まるふじ)

サビキ釣りが好きな方であれば、定番中の定番。

イワシ以外にも様々な魚も釣れるので、トリック仕掛けを愛用してる方は多いです。

ただ、手軽さに欠けます。

上で紹介したサビキ仕掛けと異なり、必要なものが増えるからです。

トリックサビキをするには、仕掛けの他に以下のものも必要です。

  • 付けエサ(アミエビ)
  • 専用のエサ付け器

「トリックサビキ」についてもっと詳しく

【おまけ】イワシ釣りが捗るマル秘アイテム

イワシ釣りを楽しんでると、あることに困ります。

それは「ウロコ」。

イワシのウロコははがれやすいので、イワシをつかんだとき指や手のひらに沢山へばりつきます。

 

【イワシのウロコ問題が起こるまでのフロー】

イワシを釣り上げる

針から外すため、イワシを手でつかむ

イワシのウロコが手に沢山つく

釣りを再開、竿やリール、手で触った部分にイワシのウロコがへばりつく

イワシを釣り上げる

※以下略 釣りをやめるまでエンドレス

 

「イワシを触った後に手を洗えばいいじゃん?」

と思う方もいるかもしれません。

しかし、イワシが沢山釣れる状態の時って、いちいち手を洗うのはかなり面倒なのです…

  • 手を洗うための水汲みバケツが必要。
  • 手にへばりついたイワシのウロコは落ちにくい。ウロコをしっかり洗い落とす、となると時間がかかる。
  • 手を洗ってると、バケツの水がウロコまみれになるので、定期的な水替えが必要。
  • 寒い時期の場合、いちいち手を洗ってると手がとても冷えてくる。

また、釣り道具を掃除するとき、イワシのウロコをこそげ落とす作業が実に面倒。

竿やリールなどにへばりついたイワシのウロコって、なかなか頑固なのです。

 

これらの面倒を一気に解消するアイテムがあります。

 

【ハズシタロウ(サニー商事)】

魚に手を触れず、針を外すことができるアイテムです。

【参考動画】ハズシタロウの使い方

 

値段は、Amazonだと約1,200円程。

「魚から針を外すだけの道具に千円以上も出すの?」って方もいるかと思います。

ただ、そのお金でイワシのウロコ問題が解消される効果は、想像以上に大きなものです。

イワシが沢山釣れる時期に使ってみると、ハズシタロウの便利さが実感できると思います。

値段はサビキ仕掛け4~5枚分と考えれば、それほど高いものとは感じないはず…汗

 

管理人はハズシタロウを知ってから、サビキ釣りをするときは必ず持っていくようになりました。

サビキ釣りがもっと楽しくなりますよ。

関連記事

夏の釣りに役立つ記事

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

今の時期に釣れる魚は?

4月の釣りもの一覧

  • アイナメ
  • アオリイカ
  • アジ
  • アナゴ
  • イワシ
  • カサゴ
  • カレイ
  • クロダイ
  • コノシロ
  • サッパ
  • サヨリ
  • シロギス
  • スズキ
  • ソイ
  • ハゼ
  • ヒイカ
  • ヒラメ
  • メジナ
  • メバル