海釣りスタートガイド TOP > 服装 > 頭・顔の防寒対策


頭・顔の防寒対策

[更新日: 2016年12月24日]

頭が冬の冷たい外気に晒されたままだと、どんどん熱が奪われていきます。特に風の強い日や朝晩は想像以上に冷え込みます。多少の寒さなら我慢できると高を括らず、頭や顔もしっかり防寒装備をしておきましょう。

頭部の防寒に使えるもの

色々なタイプがあるので、好みの組み合わせで揃えてみてください。

帽子

ウインターハット、ニット帽、ウォームキャップ、パイロットキャップ、トラッパーハット、耳当て付きキャップなど。耳までカバーできるものが最適。

バラクラバ(目出し帽)

フェイスマスク、フェイスガードなどとも呼ばれるもの。

頭部をほぼ全てをカバーすることができるので防寒性に優れているのが特徴。

また頭を出せばネックウォーマー代わりにもなり、寒さに応じて着方を変えることができます。

ネックウォーマー

マフラーと同じように首部分の防寒に使われるもの。冬では、風が吹いたとき上着の襟口から冷気が入ってくるので必須。(バラクラバで代用可能)

イヤーウォーマー

イヤーマフラー、耳当てなどとも呼ばれるもの。

耳を寒さから防ぐことができるアイテム。外がかなり冷え込んでるとき、寒くて耳がちぎれるような痛みが襲うので、必ず耳当てなどで防寒しておきましょう。

耳当てをすると音が聞こえにくくなるので注意。

マスク

薬局で売られている普通のマスクも防寒アイテムとして使えます。冬場は寒さで鼻水が出やすいので、使い捨てのマスクを使うと衛生的。