海釣りスタートガイド TOP  >  ルアーフィッシング  >  ルアー釣り(スズキ・シーバス)

ルアー釣り(スズキ・シーバス)

スズキは海のルアーフィッシングで最も人気のあるターゲット。ルアーで狙う釣り人からは「シーバス」と呼ばれています。

必要なもの・タックル

ロッド

シーバスロッド8~9ft。

長さ9ft、ロッドパワーML(30g程度のルアーが投げられるもの)が標準的なスペック。

リール

スピニングリール。

シマノなら3000番クラス。

ブランド適合する品番
シマノC3000
C30000HG
C3000MHG (PE1.0号-190m)
3000MHG (PE1.0号-190m)
など

 

ダイワならLT3000番クラス(旧機種なら2500番)。

ブランド適合する品番
ダイワLT3000-C (PE1.0号-200m)
LT3000-CH (PE1.0号-200m)
LT3000-CXH (PE1.0号-200m)
(旧) 2506
(旧) 2508 (PE1.0号-200m)
(旧) 2500
など

ライン

ナイロン2.5~3号(10~12lb)

またはPE0.8~1.2号+リーダー4~6号、1.5m

ルアー

ミノープラグ、バイブレーションプラグ、ソフトルアー(ジグヘッドリグ)など。

ポイント

港湾部、河川…橋脚周り、常夜灯の明暗部、カケアガリ、岸壁など。

サーフ、河口…カケアガリ、沈み根、離岸流の脇、潮目など。

時間帯

狙う時間帯は朝夕マズメと夜間。

夜は浅場(シャロー)にも寄ってくるので陸っぱりでも釣りやすい時間帯といえます。

釣り方

ルアーの動かし方はタダ巻き(ストレートリトリーブ)が基本。タダ巻きに反応しない場合は、リトリーブに緩急をつけたりトゥイッチ(竿を軽くあおるような動作でルアーに不規則な動きをさせるテクニック)でルアーの動きに変化を与えてやると反応することがあるので、スズキの反応が悪い・渋いときは色々試してみましょう。

釣果をあげるコツとして、スズキの付き場となるポイント(ストラクチャー周り)を次々と探っていくこと。1箇所のポイントで何時間も粘るよりも、4,5投して反応がなければ見切りをつけて次のポイントへ移動するといった感じです。

そのポイントにスズキがいれば大抵1投目で何らかの反応が得られるはずです。数投投げて反応が全く無い場合、ルアーが合っていない(サイズ、アクション、レンジ、カラー)か、そこにスズキがいないことが考えられます。

仮にスズキがいる場合、そこでルアーチェンジをすれば反応が得られることがあります。

ただし、同じポイントにルアーを何度も投げ続けるとスズキがスレてしまい、どんなルアーを投げても全く反応しなくなることもあるので、1ヶ所で粘るのはほどほどにしたほうがいいでしょう。

スズキのルアー釣りについてもっと知りたい方はこちら → シーバス釣り スタートガイド

関連記事

シーバスタックルをそろえる

シーバスタックルでできる釣り方

ルアー関連

更新記事

スマホで気をつけたいこと

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

「今の時期に釣れる魚は?」が新しくなりました

リニューアル版では「月」と「釣り場」を変更できるようになりました。

例えば、来月とか再来月とかの釣れる魚を確認することができます。

新しくなった「今の時期に釣れる魚は?」は、トップページでご利用できます。

トップページへ