海釣りスタートガイド TOP  >  ルアーフィッシング  >  ルアー釣り(ヒラメ・マゴチ)

ルアー釣り(ヒラメ・マゴチ)

ルアーでのヒラメマゴチ釣りについて。

ルアーフィッシングではヒラメやマゴチのことを「フラットフィッシュ」と呼んでいます。いずれも砂浜(サーフ)で釣れる魚として人気があります。

必要なもの

タックル

ロッド

シーバスロッド、サーフ向けのルアーロッド。

長さ:9~10ft、ロッドパワー:ML~Mクラス

リール

シマノの場合:3000、4000、C5000 など

ダイワの場合:LT4000-C、LT5000-C、旧3000 など

ライン

PE1~1.5号+リーダー4~7号、1.5m

またはナイロン3号

 

参考:ルアーロッド(岸釣り用)に合うスピニングリールのまとめ~手持ちの釣具を組み合わせて調査

ルアー

フローティングミノー:11~13cm

バイブレーションプラグ:20~28g

メタルジグ:14~28g

ソフトルアー

シャッド系ワーム4インチ+ジグヘッド14g~21g

ポイント

釣り場となるところは主にサーフや河口、漁港。マゴチは内湾でも狙えます。

沈み根周辺、カケアガリ、河口のサンドバー、ミオ筋、潮目、離岸流などが狙い目。

時間帯

日中。

釣り方

ヒラメやマゴチは海底に潜んでいるので底(ボトム)を探る釣り方が基本。魚の頭上にルアーを動かすようなイメージで底を探っていきます。

浅場を探る場合はフローティングミノーが定番。動かし方はスローのタダ巻きでオーケーです。

深場や底を探る場合はバイブレーションプラグやメタルジグ、ソフトルアーを使います。キャストした後、一旦底まで落としてからリフト&フォールで動かします。

リフトする高さはボトムから50cmぐらいまで。ヒラメの活性が低いときやマゴチは、あまりルアーを底から離すと食いついてこなくなるので注意。

ソフトルアーは底スレスレでスローリトリーブ、またはリフト&フォール。

関連記事

ヒラメ・マゴチ釣りのタックルをそろえる

釣った魚の食べ方

シーバスタックルでできる釣り方

ルアー関連

更新記事

スマホで気をつけたいこと

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

「今の時期に釣れる魚は?」が新しくなりました

リニューアル版では「月」と「釣り場」を変更できるようになりました。

例えば、来月とか再来月とかの釣れる魚を確認することができます。

新しくなった「今の時期に釣れる魚は?」は、トップページでご利用できます。

トップページへ