頭・顔の防寒対策

冬に釣りをするとき、頭や顔の防寒に使えるものについて。

帽子

釣りの防寒に使える帽子について。


オーソドックスなニット帽。ワッチキャップ、ビーニーとも呼ばれます。

ニット帽と似たもので「ウォームキャップ」があります。


こちらは「ニットキャスケット」。ニットキャップとも呼ばれます。

ツバがあると、顔への風を防ぐのに役立ちます。向かい風に対してうつむくことで、帽子のツバが風をさえぎり、顔に冷たい風が当たらなくなります。

その他、釣りの防寒に使える帽子として「ウインターハット」「パイロットキャップ(飛行帽)」「トラッパーハット」などがあります。

バラクラバ(目出し帽)

「フェイスマスク」「フェイスガード」とも呼ばれるもの。

バラクラバは頭部のほぼ全てをカバーするため、防寒性に優れています。真冬の釣り、夜釣りには欠かせないアイテムです。

また、頭を出してネックウォーマー代わりにも使えます。

ネックウォーマー

首まわりの防寒に使われるアイテム。

風が吹いてる日は、首元から上着の内側へ冷たい風が入ってきます。ネックウォーマーがあれば、それを防ぐことができます。

イヤーウォーマー

耳を防寒するもの。「イヤーマフラー」「耳当て」などと呼ばれます。

真冬、特に夜釣りのとき耳を露出したままだと、寒さで耳がちぎれるような痛みが襲います。必ずイヤーウォーマーなどで耳を防寒すること。

なお、イヤーウォーマーをつけると周りの音が聞こえにくくなるので注意。

薬局のマスク

薬局で売られているマスク(サージカルマスク、衛生マスク)も防寒アイテムとして使えます。

冬場は寒さで鼻水が出やすいので、使い捨てのマスクを使うと衛生的。

関連記事

冬の釣りに役立つ記事

海釣り初心者が知っておきたい情報はこちら

今の時期に釣れる魚は?

12月の釣りもの一覧

  • アイナメ
  • アオリイカ
  • アジ
  • アナゴ
  • イイダコ
  • イワシ
  • カサゴ
  • カレイ
  • クロダイ
  • コノシロ
  • サヨリ
  • シロギス
  • スズキ
  • ソイ
  • タチウオ
  • ハゼ
  • ヒイカ
  • ヒラメ
  • マダコ
  • メジナ
  • メバル