サビキ釣り

更新日: 2017年9月4日

防波堤釣りの定番「サビキ釣り」について。

サビキでは釣りやすい魚が多いので、大きな群れが回ってくれば初心者の方でも数釣りを楽しめることができます。

釣れる魚

サビキで釣れる代表的な魚について。

名称 画像
アジ
イワシ
コノシロ
サッパ
サバ
サヨリ
ボラ


サビキの人気ターゲット「アジ」。このサイズは豆アジと呼ばれています。


サビキで釣れたイワシとサッパ。


サビキで釣れたマサバ。引きの強い青物系の魚も狙えます。

必要なもの

まずタックル(竿・リール・ライン)についてですが、これから釣りを始める方であれば、短い投げ竿とスピニングリールを組み合わせた「ちょい投げタックル」がおすすめ。投げ竿は比較的丈夫で穂先が折れにくいため、海釣り入門用として最適な竿といえるからです。

ちょい投げ釣りのタックルについてはこちら

本格的にサビキ釣りを楽しみたいという方は、以下に書かれてあるスペックを参考に道具を揃えてみてください。

竿

穂先が柔らかめのもの。磯竿や渓流竿(ノベ竿)がおすすめ。

穂先が柔らかいと、魚がかかって暴れても針が外れにくく、釣果を伸ばすことができるからです。

磯竿の場合

号数 2号
長さ 3~4.5m

サビキ釣りやウキ釣りに適したスペック。軽いオモリであればちょい投げもできます。

磯竿の長さは4.5mまでが軽くて取り回しやすいです。5m以上のものは竿がかなり重たくなるので注意。

注意点として穂先が折れやすいこと。もし穂先にラインが絡んだ状態でリールを巻いてしまうと、簡単に折れてしまいます。

渓流竿の場合

調子 硬調~超硬調
長さ 4~5m

竿を出すところから海面までの高さがそれほど高くなく、タナが浅めのポイントであれば渓流竿がおすすめ。

リールを巻いたりする作業がないため、リール竿より手返しがいい=数釣りに有利です。

※5m以上の場合、安いものだと重さがあり、持ち続けるのが辛くなるので注意。

リール

ナイロン3号が100~150m程度巻けるスピニングリール。(渓流竿を使う場合はリールは不要)

ブランド 適合する番手
シマノ 2500
C3000 ※
ダイワ 2500 ※

※ナイロン3号を150m巻ける。

入門向けのスピニングリールの中にはラインがすでに巻かれてるものがあるので、最初はそれを選ぶといいでしょう。

ライン

道糸: ナイロン2~3号。

※流用できるタックル

サビキ釣りには、ちょい投げタックル、シーバスタックル、エギングタックルなどが流用できます。

リール竿であれば大抵のものなら流用できます。例外として、重たいタックルは手首に負担がかかり疲れるので、サビキ釣りには向いていません。例えば本格的な投げ釣りタックル(4mの投げ竿に大型リールの組み合わせ)など。

仕掛け

サビキ用の市販仕掛けがあるので、それを使います。


サビキの代表的な仕掛け、関東式と関西式。

仕掛けの詳しい説明については以下を参照。

エサ(コマセ・撒き餌)

サビキ釣りでのエサは、コマセと呼ばれるものを使います。

仕掛けのカゴ・袋に入れたり、ヒシャクでまいたりします。※釣り場によっては、コマセを仕掛けのカゴに入れて使うのはOKでも、ヒシャク等でまくのは禁止にしてる場合があるので注意。

コマセを使うことで「魚を足元まで寄せる」「魚の活性を上げる」といった効果があるため、釣果を伸ばしたい場合は用意したほうがいいです。

サビキで使うコマセは、釣具屋で売られている冷凍アミエビを解凍したものを使うのが一般的。

必要な量は、冷凍ブロック1kgで半日が目安です。

また、解凍せずにすぐ使える常温保存タイプのものがあります。常温保存タイプのコマセであれば、通販でも入手できます。


堤防アミサビキ(マルキュー)。常温保存が可能。カゴに入れるときに使えるスプーン付き。

コマセ容器

解凍したアミエビを入れておくのに必要。

釣具店で売られているコマセバケツ、小さめのバッカンなど。

ちなみに関西式の仕掛けを使う場合、便利なバケツがあります。


写真は「吸い込みバケツ(第一精工)」。関西式の仕掛けであれば、手を汚さずにカゴにアミエビを入れることができます。※ペースト状のコマセ(常温保存タイプに見られるもの)には使えないので注意。

また底が深い大きめの食品タッパーも使えます(タッパーは100円ショップのもので十分)。

仕掛けのカゴ・袋にコマセを詰める道具

スプーンや割り箸など。コンビニなどでもらえる使い捨てのもの。

また、専用の道具も売られています。


写真は「アミエビスコップ(ナカジマ)」。材質が金属(アルミ)なので、半解凍のコマセブロックでもザクザク崩してカゴに入れることができます。

掃除用ブラシ

後片付けの時に必要なもの。

使い終わったコマセバケツ・バッカン・トリックサビキのエサ付け器などを海水で洗うとき、指でゴシゴシ洗うよりブラシを使って掃除したほうが汚れ落ちが良く、コマセの臭いが抑えられます。

また後片付けの際、釣り場に散らかったコマセを掃除するときに活躍します。地面に落ちて乾いたコマセ汚れはブラシを使わないとなかなか取れません。


100円ショップで売られているキッチンや風呂場用のナイロンブラシが使いやすいです。

その他

水汲みバケツとロープ、手拭き用のタオルは必須です。

海釣りを始めるのに必要な道具

サビキシーズン中は気温が高い日が多いので、魚を持ち帰る場合、食中毒を防ぐためにクーラーボックスと氷・保冷材が必要です。

魚を持ち帰るのに必要な道具

サビキ釣りではハオコゼやゴンズイなど毒針のある魚が釣れることがあります。そういった魚を素手でつかむのは危険なので、メゴチバサミなど魚をつかむ道具があると安心です。

魚から針を外すのに必要な道具

ポイント

堤防、漁港など。

釣り座は潮下(しおじも)が有利。潮上(しおがみ)側にいる釣り人のコマセが流れてきて魚が寄りやすいからです。

時間帯

主に日中。朝と夕マズメはチャンスになることが多いようです。

サビキで釣れる魚の大半が回遊魚なので、特定の時間帯にバタバタッと釣れることが多いです(いわゆる時合い)。

釣り場によっては、ある時期、決まった時間帯に回遊してくる傾向があったりするので、事前に情報収集しておくと時合いを逃さずにすむでしょう。

また夜は、常夜灯などで海面が明るくなってるポイントにアジなどが集まってくるので狙い目となります。

釣り方

サビキ釣りの基本的な手順について。

1. コマセをカゴにつめる

ギュウギュウにつめるとカゴからコマセが出ていかなくなるので、カゴの容量の7~8割ぐらいまで入れるようにするといいでしょう。

2. 仕掛けを投入する

仕掛けを静かに海中に沈めます。

仕掛けをどの辺まで沈めるか(タナ取り)については、イワシは表層・アジは底を狙うようにするといいでしょう。

3. コマセを出す

竿を1~2回しゃくってコマセを出してアタリを待ちます。竿先を軽くあおるなどの誘いは、基本的にやらなくても大丈夫です。


コマセカゴの中のアミエビが、少しづつ海中にまかれていく様子。


魚の群れがコマセに寄ってきた状態。

魚が寄ってこないままカゴの中のコマセがなくなったら、1.に戻る。

4. アタリ~ヒット

アタリは手元に「コンコン」「プルプル」といった感じで伝わることが多いです。

そして、残りの針にも魚を食いつかせるため少し待ちます。

魚が一匹掛かると仕掛けが揺れます。これが誘いとなり、残りの針にも魚が食いついてくる可能性が高まります。ちなみに、釣り場では「追い食いさせる」などといいます。


追い食いさせてる状態。

追い食いの注意点として、元気よく暴れる魚がかかった場合は追い食いさせないほうがいいです。仕掛けがグチャグチャに絡み合ってダメになってしまうからです。サッパ、サバは要注意。

アワセについてですが、イワシやアジなどは特に必要ありません。口が弱い魚なので、強いアワセはバラす原因につながります。

逆にサヨリなど口が硬い魚はアワセを入れた方がいいでしょう。


サビキ仕掛けにかかったサヨリ。口が硬いため、かかってもすぐ針が外れてしまうことが多い。

5. 仕掛けを上げる

ある程度魚が掛かったら(または時間が経ったら)仕掛けを上げて魚を取り込みます。

6. 魚から針を外す

魚が暴れた拍子に針が指に刺さらないよう十分注意してください。

針を外した後は、早めにクーラーボックスに入れるようにしましょう。

もし仕掛けを入れたらすぐさま釣れる・入れ食いの状況であれば、魚を一旦水汲みバケツに入れておいて、合間を見てまとめてクーラーボックスに移すようにすると、手返しよく釣ることができるでしょう。

注意点

引きの強い魚に注意

サビキでは引きが強い魚が掛かったりすることがあります。このとき置き竿(竿を柵などに立てかけておいてその場から離れた状態)にしてると、竿が海中に引きずり込まれてしまうことがあるので注意。


サビキ釣りの外道でおなじみのボラ。取り込むのに一苦労。

サバなどの青物系は引きが強くてよく走るので、置き竿にかかると竿が一気に海中へもっていかれることがあります。

もし置き竿にする場合は、柵などにヒモやロープで縛りつけておくようにします。釣り用品で尻手ロープと呼ばれる道具もあります。

関連情報

サビキ釣りタックルを揃えるのに役立つ情報

サビキで釣れる魚

  • カテゴリー: サビキ
  • 投稿日: 2015年07月27日